残業代支払い請求の時効

投稿日:2014/09/12 最終更新日:2014/09/25

残業代の支払い請求権は2年間で時効になります。

 

起算点は従業員が権利を行使できるようになった時点からです。つまり給与の支払い日となります。

通常日給月給の場合、毎月の給与の支払い日は決まっておりますので、その支払い日から2年間経った時点で時効にかかってきます。

時効はほおっておけば勝手になるものではなく、その主張は必要になります(これを援用(えんよう)と言います)。

 

 


ページトップへ戻る