整理解雇(リストラ)の有効性

投稿日:2014/10/16 最終更新日:2016/09/06

バブルの後、リーマンショックの後、リストラという言葉が出てきては消えていきます。

整理解雇のことをリストラと言っているわけですが、法律的には整理解雇とは、企業が経営上必要とされる人員削減のために行う解雇をいいます。

整理解雇の特徴は、全て使用者側の事情により行われるということです。経営上の理由による解雇ですから。

ですので、裁判を含めて紛争になった場合、その有効性を厳格に判断されます。

整理解雇の4要件(4要素)

これが絶対的に必要になってくる整理解雇の要件です。4つ全てが必要というわけではありませんが、欠けてくると無効となる可能性が高くなります。

1、経営上の人員削減の必要性

2、解雇回避努力の履行(整理解雇を選択する必要性)

3、解雇対象者の人選の合理性

4、手続き(手順)の相当性

以上の4つを常に頭に入れて手続きを進めていくことが必要となります。


ページトップへ戻る