労働基準監督署から呼び出しがきた場合の対応

投稿日:2014/07/25 最終更新日:2014/11/06

会社に労働基準監督署から出頭の通知がきました。

賃金・労働時間等の実態調査について と書かれた、○月○日出頭要請が書いてあります。

さて、会社としてどういった対応をとっていくべきでしょうか?

労働基準監督署調査の流れ

1、定期監督か申告によるものなのか?(たまたまランダムな調査に当たってしまったのか?内部告発によるものなのか?)
まず見極めたうえで、経営に与える影響を検討します。

例えば、未払い残業代があるのか?あるのならば、支払いはいくらくらいになるのか?全社員に波及したらいくらかなどです。

2、監督官の呼び出しに応じる~担当監督官と面談となります。面談では法令順守の意識を高める方向性で、監督官の指示には(勿論主張すべきは主張が必要です)従いましょう。法令違反がどれほどあるかの程度によりますが。

3、監督官からは通常 是正勧告書(訂正しなさい)や指導票が出されます(両方又は片方のみの場合もあり)。それに準じて見直しをかけていきます。

4、特に指導票は名前のとおり、法違反ではないのですが変えていった方が望ましいという意味で出されますので、最終的に何ヶ月か報告などが必要となります(3ヶ月~6ヶ月程度定期的な報告といわれる場合あり)。


ページトップへ戻る