ダラダラ残業防止のための事前申告制

投稿日:2014/09/25 

どこの会社でも、仕事が終わった後、雑談をしていてなかなか帰らないような従業員がいると思います。また、残業自体もダラダラとただ残っているような状態だったりもします。

ダラダラ残業の防止

残業する場合、事前に上司に申請し許可を得る 制度を導入しましょう。
定時以降も会社残る場合、「残業の事前申請→承認」の手続きをへて、初めて残業が許可されることにするのです。
要するに、残業というのは会社の業務命令で行うものであり、従業員が勝手にやっていいものではないことを徹底させていくのです。

1、その仕事の緊急性を確認する(いつまでに終わらせるものなのか)。

2、残業をすることの事前許可と、残業の成果に対する承認が必要(残業によって何をしたのか)

という2つの項目を就業規則に記載し、運用していくことにより、ダラダラ残業を防ぐことができます。
緊急性があるものは仕方がないのですが、少しでも残業代を稼ぎたいという趣旨で会社に残っていることもありえます。ですので、仕事が終わったら速やかに退社するという指示を、毎日徹底してください。

ダラダラ残業と残業代支払

勝手に会社に残っていると言っても、ほおっておくと残業代は支払わざるを得ませんし、後での残業代請求の原因となります。

要するに、何も言わないでおいておくと、従業員が会社に自由に残っていること自体、会社が暗黙の了解で認めていると判断されることもありえます。

例えば、タイムカードなどで勤怠管理をしている会社も多いかと思いますが、そのままダラダラ残業をほおっておくとタイムカードに記録された時間が労働時間とみなされてしまいます。

その時間は残業をしていなくて雑談をしていただけだというのを立証できないと タイムカード=残業時間となる可能性が高くなります。
ですので、日常的に残業は会社の事前許可とすることを徹底していくことが、一つの会社の主張となりえます。

修業規則に事前許可制度を記載→運用を徹底


ページトップへ戻る