月60時間超の割増賃金率50%以上の中小企業への猶予措置廃止

投稿日:2017/09/15 最終更新日:2017/10/30

現時点では継続審議の扱いとなっている「改正労働基準法案」の内容によると、中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金の見直し(月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)についての中小企業への猶予措置廃止)について、臨時国会に法案が提出され成立した場合「平成34年4月1日」の施行予定となっています。

現在、長時間労働に関して、世間の見方自体かなり厳しくなってきています。

当然優秀な人材なども、長時間労働があると直ぐにやめていきます。

いずれ近い将来、中小企業においても月の残業時間は多くて60時間までという目安になってきます。

業務効率や、人員配置の見直しなど、そのときにそなえていきましょう。


ページトップへ戻る