動物病院の労働問題ご相談下さい

投稿日:2014/10/02 最終更新日:2015/10/21

当事務所は東京都中央区で開業している社会保険労務士です。動物病院の顧問先が多く、いろいろな相談に乗らせていただいております。

動物病院の労働トラブルで圧倒的に多いのは、長時間労働に起因するものだと思います。

主に相談を受けるのは、残業代の未払い、有給の未取得、労働基準監督署の調査 です。

長時間労働自体は潜在的に上記の問題をかかえております。

 

また、伴って離職率の高さがあります。長時間労働の割りに賃金水準が低いケースも多く、将来の夢を描きにくいのだと思います。

対応策として、医院全体としてメリハリをつけるため、毎日定時までに仕事を終わらせるということを徹底して推奨して行っていくことが第一です。

通常 業務→お昼から午後の長い休憩→業務 という流れで、休憩時間があいまいになりがちなのですが、キチンと休憩と業務とはわけて指導をしていってください。

動物病院の労務管理と相談

獣医師さんからの残業代の請求なども多くなってきました。以前は独立という目標があり、それまでは修業という感覚があったのですが(いい悪いは別として)、現在は独立よりは、一生勤めるという先生も多くなり、以前とは感覚が違ってきております。

 

その他多いご相談

  1. どうしても労災手続きが多い。
  2. 若い看護士さんやトリマーさんが多いので、妊娠中の業務と育児休業等。
  3. 社会保険関係の手続きが多くわずらわしい。

特に従業員の人数がそろそろ5~10人超になり、今後より人を通じての医院の発展をお考えの院長様ご相談下さい。


ページトップへ戻る