会社内でマイナンバーを利用する者

投稿日:2015/05/28 最終更新日:2015/06/12

個人番号関係事務実施者

2つの言葉は覚えておく必要があります。

1、個人番号利用事務実施者・・・業務でマイナンバーを利用 主として行政機関

2、個人番号関係事務実施者・・・補助的にマインバーを取り扱う者 主として民間企業(会社など)

関係事務 という文言は関係者ととらえておけばよろしいかとお思います。通常、従業員を雇用している会社やその番号で手続きを行う税理士・社会保険労務士などを言います。

マイナンバーを利用する主なもの

会社内でマイナンバーを扱うと思われるところです。

1、経理 源泉徴収、特別徴収、社会保険料支払、法定調書

2、人事総務 雇用保険、社会保険関係の届出

3、営業 例:外注や委託先などで法定調書が必要な場合

注意)従業員とその家族だけでなく、外注や税理士、社会保険労務士など個人に対して支払いをする場合(つまり法定調書を作成するもの)は、全てマイナンバーが必要となります。


ページトップへ戻る