残業は事前許可制度を徹底すること

投稿日:2015/04/09 

残業時間が非常に多い場合、社内が慢性的に残業をするのが当たり前という雰囲気になっています。

当然、残業自体削減を考えなければいけないわけですが、仕事が終わってもダラダラと無駄な?話をしていて帰らない従業員はいませんか?また、しゃべりながら仕事をしているような、いわゆるダラダラ残業をしている従業員とか。

そのような残業をほおっておいてはいけません。

間違えてはいけないのは残業を指示するのはあくまでも会社であるということです。従業員が残業を勝手にやっていいわけではないのです。
そのようなダラダラ残業を無くすため、いや会社全体の残業の削減のため、残業は必ず事前に会社に申請して承認・許可をする体制にしましょう。そうすれば、ダラダラと居残ることなどなくなります。

残業する必要がある場合、必ず上司への事前の申請→承認(許可)を必要とすることとします。

残業をすることの事前の承認→終わった後、翌日残業の結果(成果)を提出→それにたいしての確認と承認

という流れを徹底していくと、ダラダラとした成果の少ない残業や単なる居残り残業を防ぐことができます。

必ず就業規則にも残業の事前許可制度を記載し、運用は徹底していくことです。


ページトップへ戻る