新規起業される方へ-未経験の分野で創業融資を受けるためのコツ

人事や労務のお話とは違いますが、今から起業する方を対象に「未経験の分野で創業融資を受けるためのコツについて、コラムを書きましたのでご紹介いたします。」

今まで経験のない分野で起業するとき、融資を受けるにはどうしたらいいのでしょうか?
初心者と融資

実は、統計によると起業される方の約83%は今までに経験のある仕事で起業しており、その事業の経験年数は約14年となっています。

実に8割以上の方が経験したことのある業界で起業しているのです。

融資のコツは属人的なこと

実は、この融資のコツは何ですか?という質問に関して、特に起業時は属人的な部分が大きく、記載が難しいところがあります。

例えば、同じ金額を申し込んでも、高校生の息子が2人いて奥様がパートに出ているというのと、子供なしで共働きとでは、返済可能性の前提条件が違います。

ですから、どうしても言い切ることは難しく、公約数に伝える感じのニュアンスとなります。

経験のない分野での起業にあたり創業融資を受ける際のコツ

所属しているドリームゲート(元経産省後援の起業支援団体)にて、「実績のない分野での起業にあたり創業融資を受ける際のコツとは」というコラムを書かせて頂きました。

内容は以下のような感じです。
1. 起業者の17%は未経験の分野で独立
2. 定量評価と定性評価
3. 自己資金の額
4. 自己資金の証明方法
5. 融資の最初はちゃんとちゃんと
6. 起業と融資の成功に向けて

ご参考ください。
実績のない分野での起業にあたり創業融資を受ける際のコツとは

有給休暇の前賀しと給与控除はできるのか?

有給休暇の前賀しはできるのでしょうか?
または、会社が前渡しすることはできるのでしょうか。

〇まず、入社してから半年間は、休んだとき給与を引かれるのは道義的に可愛そうというのはわかります。

ただ、有給休暇の前借はトラブルがあっても、会社が泣くのならばOKとお答えしています。

有給休暇前賀しの問題点
というのは、「半年で有給休暇を10日あげる」というのが、労働基準棒の決まりなので例えば前借が2日あったとしても、半年たった時点で10日あげる必要があるのです(8日では駄目ということ)。

また、給与に関してもそのまま継続して勤めていればいいですが、退職した場合どうするのでしょうか?
そのとき給与を引くというのは、1.2ヶ月はとにかく3ヶ月後~からは認められにくいと思われます。

賃金は決まった額を決まった時期に払う必要があるためです。

例えば4/1入社で4月に1日前借をした→9月末に辞めてしまい有給休暇がつかなかった→9月の分の給与から4月の休み分を引くのは難しいということです。

前借しして、半年超後に辞めると言ってくる人がいて、「給与を引くのは認められない。有給は前借と言ったが、今から10日とれるはず」だと言われても、会社として仕方がないということならば有給休暇の前賀しもできるかも?といことです。

有給は多く与えるか前倒しにするか

〇風邪などの特別休暇として、2日間程度特別有給を認める(有給の前借ではない)。

〇有給を入社して半年ではなく、それより前倒しであたえる(入社時や3ヶ月経過時とか)。

いずれにしてもトラブルになる可能性が多いため、有給休暇の前渡し(給与からの控除を前提とした)ものはおすすめしません。

ページトップへ戻る