セクハラとは

職場におけるセクハラには大きくわけて2つの種類があります。

①対価型セクハラ

性的要求を拒否したことなど、性的な言動に対する労働者の対応を理由として、雇用契約上不利益な取り扱いをすること。

②環境型セクハラ

労働者の性的な情報を流したり、ヌード写真を貼るなどの性的ないやがらせや職場環境の悪化をいいます。

 

どのレベルをセクハラというのかというのは実は非常に難しいのですが、平均的な女性の感じ方を基準とするというのが厚労省の見解です。

余計に難しい気もしますね・・・。

パワハラとは

パワハラ(パワーハラスメント)には、定義として確率したものはありません。

 

一般的には、上司が部下を指導や注意・叱責する過程で部下の人格を侵害する言動を言います。また、退職勧奨時(いわゆるリストラ)などに、上司が従業員に暴言を浴びせる場合などもあげられます。

※難しいのは、セクハラのように法律で定義はされていないということです(セクハラに準ずるような形になる)。ですので個別の事案に応じて判断せざるをえないところも多くなります。

 

個人事業主も人を雇うと対象に!【パワハラ防止法】無関心でいることのリ スク 執筆しました

アドバイザーを務めている、元経済産業省後援:起業支援団体ドリームゲートにて「起業者も知ってほしいパワハラ」についてのコラムを執筆しました。

「パワハラなんて関係ないし、ヒマないよ」と言われそうです。

私もそれはわかりますが、人を雇う以上誰しもが避けては通れなくなってきています。

ご参考ください。

個人事業主も人を雇うと対象に!【パワハラ防止法】無関心でいることのリ スク

ページトップへ戻る