労務問題の相談

労務問題。その判断で問題ないですか?
従業員との労務トラブルがあった場合、前面的に突っぱねるか?ある程度中間点で妥協するかの判断が必要になります。
ただ、感情論と法律論は別ですので、会社のその判断で法律的に問題ないのか?要求は妥当なのか?
そのためのご相談に乗ります。
 

いまどきの従業員

最近、新聞やインターネットなどでも、未払いの残業代請求や解雇のトラブル、アルバイトの悪ふざけが過ぎての新聞沙汰など、いろいろな労働トラブルの話をよく目にします。マイナンバー制度の導入など、利益をあげる営業部分以外に企業が労力を裂く部分も非常に多くなりました。

多くなった労務トラブル

ある日突然、弁護士から未払い残業代の請求が会社に届く。労働基準監督署から呼び出しがくる。労働組合から団交の申し入れがくる。    
今ネットなどの情報に加えて、従業員を支援する団体や企業が多くありますので、このようなことは起こります。    

日々の労務管理

日々の労務管理で事前に労働トラブルの芽を摘んでいくことは大事です。 勿論、従業員との円滑な関係が一番なのは言うまでもありません。  
労務管理のリスクを改善していきたい場合。何かしらトラブルがあった場合。そんなときご相談ください。
労働トラブルとは
労務トラブルの解決金の相場や反論
予防や防止の方法

労務トラブルのアドバイス。

1、労務トラブルは起こってからでは遅い!事前の対策をご提案します。
2、特定社会保険労務士自身が直接対応します。
3、従業員からの請求や要求があった場合、内容が妥当かどうか検証しアドバイス

選ばれる理由

注)労働基準監督署・労働局の対応はお任せ下さい。裁判上の請求の際は、友人・提携先の司法書士や弁護士をご紹介致します。

ページトップへ戻る