出社できない場合、家族などからのマイナンバーの提供

投稿日:2015/05/28 最終更新日:2015/06/12

長期療養中などで、出社できない従業員などの場合家族(代理人)からマイナンバーの提供を受けることになります。

この場合、代理人 と 本人両方の厳格な確認が必要となります。

代理人からのマイナンバーの提供

代理人からマイナンバーの提供を受ける場合は、①代理権 ②代理人の身元 ③本人の番号の3つを確認する必要があります。

原則として、以下の3つの手続きとなります。
① 代理権の確認は、法定代理人の場合は戸籍謄本など、任意代理人の場合は委任状

② 代理人の身元の確認は、代理人の個人番号カード、運転免許証など

③ 本人の番号確認は、本人の個人番号カード、通知カード、マイナンバーの記載された住民票の写しなど

代理人及び本人の個人番号で確認を行いますが、これらの方法が困難な場合は、他の方法も認められます。


ページトップへ戻る