マイナンバーの破棄

投稿日:2015/05/29 最終更新日:2015/06/12

廃棄する義務

マイナンバー関係の事務を処理する必要がなくなった場合、所管法令の保存期間を経過した場合(7年など)、マイナンバーをできるだけ速やかに廃棄又は削除しなければなりません。

ただし、マイナンバー部分を完全にマスキング又は削除すれば、そのまま保管を継続できます。

廃棄のタイミング

期末や年度末など、各企業に任せられていますが、できるだけ速やかになります。

 


労働問題の相談なら
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
社会保険労務士 箕輪オフィス
箕輪 和秀
TEL : 03-6661-7563

ページトップへ戻る