試用期間の期間と解雇について

投稿日:2014/10/02 最終更新日:2014/10/16

例えば、試用期間を1ヶ月間に設定するのは妥当なのでしょうか?それでは1年は?3年は長いの?

試用期間に期間の制限はあるのでしょうか?

まず試用期間をつけることはまったく問題ありません。
試用期間に制限はないのですが、通常長くても半年~1年くらいまでかと思います(法律に試用期間の期間はいつまでという定めはありませんが、おおむね半年程度が望ましいという方向です)。

試用期間の解雇について

試用期間は「比較的解雇がしやすい」(できるではなく、認められやすい)というだけで、特に正社員とかわりません。

試用期間経過で本採用しない場合、会社の解雇扱いとなります(離職票も解雇となります)。

通常は労務の能力不足による普通解雇の扱いになりますね。

 

そして、解雇は「1ヶ月前の通知か1ヶ月分の給与が必要」となりますので、実は1ヶ月間の試用期間というのは現実的ではありません。

1ヶ月前に通知することを考えると、1ヶ月で採用しない場合でも翌月までの給与支払が必要になります。

ですので、最低2~3ヶ月は試用期間として、期間満了の1ヶ月前の時点で本採用するかしないかを「本人に通知する」のが妥当かと思います。


ページトップへ戻る